トップ > 特色あるコレクション(おすすめコンテンツ)

特色あるコレクション

インターネット資料収集保存事業(WARP)で保存しているコンテンツの可視化や特色あるコレクションを紹介します。

保存した1万サイトの可視化

WARPでは1万タイトルのウェブサイトを収集・保存しています。その規模は、収集回数9.6万回、36億ファイル、容量630TBにのぼります。どのようなサイトがどのくらい保存されているのか、一目でわかるように可視化をしました。

国の機関サイトの残存率

ウェブサイトは時間の経過とともに新陳代謝が進んでいきます。WARPで集めた国の機関サイトの中から1,000万ファイルを抽出して、過去5年間の残存状況を分析しました。

ウェブ日本列島

WARPで保存した都道府県、政令指定都市、市町村、東京23区のトップページを各本庁舎の緯度・経度に配置し、年ごとの移り変わりを動画にしました。

都道府県サイトのリンク関係

都道府県ウェブサイトのリンク関係を可視化した図です。都道府県サイトごとに、全ページ内の<a>タグのhref属性に記述された他の都道府県へのリンクを集計しました。

消えた市町村サイト

平成11年から平成22年にかけて、「平成の大合併」と呼ばれる市町村の合併が全国規模で行われました。総務省の統計によると、市町村数は3,232(平成11年3月31日)から1,719(平成25年1月1日)へと減少し、その結果、約1,500の市町村サイトがインターネット上から消えてしまいました。 WARPではこれらの消失した市町村サイト及び合併協議会のサイトを保存しています。

東日本大震災ウェブサイトコレクション

WARPでは東日本大震災に関するウェブサイトを重点的に収集・保存しています。2011年3月11日の地震発生直後から、国の機関や被災地域の自治体のウェブサイトを高頻度で収集したほか、NPOやNGO、ボランティア団体、学協会、企業などによる支援活動のウェブサイトも積極的に収集してきました。

電子書籍・電子雑誌

国の機関や自治体、大学などのウェブサイトには、白書、会議資料、報告書、年報、論文などさまざまな文書類が電子版で公開されています。国立国会図書館では、ウェブサイトのなかから白書、会議資料、報告書、年報、論文などの刊行物や著作物を取り出し、タイトルや著者などのデータを付与して効率よく探し出せるようにしています。

都道府県公報

地方公共団体が条例や規則を制定したときには、それらを公布することが法律で定められています。都道府県では、その公布の方法として都道府県公報に掲載する方法がとられています。また、条例や規則のほか、公告や告示等の情報も都道府県公報に掲載されています。現在、全ての都道府県公報がインターネット上で閲覧できるようになっており、なかには過去の公報まで遡って公開されているものもあります。

科研費ウェブサイトコレクション

科学研究費助成事業は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野の学術研究を発展させるため、 研究者に必要な資金を助成するしくみの一つです。科研費を受ける研究には、ウェブサイトを設けて研究の概要などを公開しているものも多く存在しますが、助成終了後にサイトが消滅してしまうこともあります。WARPはこれらの科研費サイトを収集・保存して、オリジナルが消滅してしまった後でも見ることができるようにしています。

ページの先頭へ

Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.